参考書でDIY

参考書や問題集を使用した大学受験の独学をサポート

2025年 (令和7年) の入試数学 (新課程)

はじめに

2025 年 (令和7年) から新課程の範囲での入試が始まります。共通テストに加え各大学も方針を出し始めています。「数学と人間の活動」「数学と社会生活」「数学的な表現の工夫」を避けることができない入試もありそうです。

共通テスト、慶應、早稲田を比較してみました。

2024までの数学

I II III
数と式
図形と計量
二次関数
データの分析
いろいろな式
図形と方程式
指数関数・対数関数
三角関数
微分・積分の考え
平面上の曲線と複素数平面
極限
微分法
積分法
A B 数学活用
場合の数と確率
整数の性質
図形の性質
数列
ベクトル
確率分布と統計的な推測
数学と人間の活動
社会生活における数理的な考察

2025からの数学

I II III
数と式
図形と計量
二次関数
データの分析
いろいろな式
図形と方程式
指数関数・対数関数
三角関数
微分・積分の考え
極限
微分法
積分法
A B C
図形の性質
場合の数と確率
数学と人間の活動
数列
統計的な推測
数学と社会生活
ベクトル
平面上の曲線と複素数平面
数学的な表現の工夫

整数は「数学と人間の活動」に、行列は「数学的な表現の工夫」に含まれています。

2025年の共通テストの範囲

I と I・A

I と I・A という2つ存在するというのは同じですが、問題の選択はなくなりすべて解答する必要があります。A は次の2項目が出題範囲となります。

  • 図形の性質 (数学A)
  • 場合の数 (数学A)

II と II・B

II のみというのはなくなり、基本的には II・B・C の一つになります。B と C に関しては、次の 4 項目のうち 3 項目の内容の問題を選択解答します。

  • 数列 (数学B)
  • 統計的 な推測(数学B)
  • ベクトル(数学C)
  • 平面上の曲線と複 素数平面(数学C)

出題量が増えたことにより試験時間も数学 I・A と同じ 70 分になります。

2025年の一般選抜の範囲

慶應大学

慶應大学の「2025 年度以降の慶應義塾大学「一般選抜」の変更点について」をてみましょう。次のように学部によって少しずつ範囲が異なっています。

数学 単元 経済 医学 理工 総合政策 環境情報
I 数と式
  図形と計量
  二次関数
  データの分析
II いろいろな式
  図形と方程式
  指数関数・
対数関数
  三角関数
  微分・積分
の考え

「微分・積分の考え」
では
一 般の多項式を扱う
III 極限 ✖️ ✖️ ✖️
  微分法 ✖️ ✖️ ✖️
  積分法 ✖️ ✖️ ✖️

 

数学 単元 経済 医学 理工 総合政策 環境情報
A 図形の性質
  場合の数と確率
  数学と人間の活動 ✖️ ✖️
整数の性質のみ
B 数列
  統計的な推測 ✖️ ✖️ ✖️
  数学と社会生活 ✖️ ✖️ ✖️ ✖️ ✖️ ✖️
C ベクトル ✖️
  平面上の曲線
と複素数平面
✖️ ✖️ ✖️
  数学的な表現の工夫 ✖️ ✖️ ✖️ ✖️ ✖️ ✖️

早稲田大学

2025年度 一般選抜・共通テスト利用入試の変更点について」みてみましょう。理系と文系で分かれています。

理系は次のようになっています。

  • 数学 Ⅰ、数学 Ⅱ、数学 A
  • 数学 B(「数学と社会生活」を除く)
  • 数学 C(「数学的な表現の工夫」を除く)
  • 数学 Ⅲ

文系は次のようになっています。

  • 数学 Ⅰ、数学 Ⅱ、数学 A
  • 数学 B(「数学と社会生活」を除く)
  • 数学 C(「ベクトル」のみ)

まとめ

A, B, C は、共通テスト、国公立二次試験、私大入試を完全に一致させることは難しいかもしれません。また「数学的な表現の工夫」にある行列は、データサイエンティストに必要とされているので、取り入れる大学がある可能性はあります。早めに志望校の範囲を確認しておくことをお勧めします。