参考書でDIY

参考書や問題集を使用した大学受験の独学をサポート

物理ルートの選択肢

f:id:ptizm:20200905221703p:plain

はじめに

教科書準拠の問題集を含めた典型的なルートとしては次のようなものがあります。

  1. 教科書
  2. リードα 物理基礎・物理 (数研出版)
  3. 物理の重要問題集 (数研出版)
  4. 過去問
この後のオプションとして次のようなものがあります。
  1. 難問題の系統とその解き方

教科書準拠の問題集を使用すれば定期テストの対策にもなり、終了すれば一冊入試問題形式の問題集を行った後は東大でも過去問に入れます。難系は正直高得点を狙うためのオプションです。過去問と同時または過去問の後でも大丈夫です。

いろいろな面でこれらの問題集が合わない場合、代わりの参考書や問題集はいろいろあります。自分の合うものを見て選んでください。

1. 教科書

教科書を理解する。これが最初の第一歩です。

数学Iの三角関数と数学Bのベクトルを先に理解しておくとスムーズに進みます。

高校の教科書を読んでもわからない場合は、わかりやすい高校の参考書より一度中学理科第1分野 (物理)の内容に戻る方が効果的です。

次は物理基礎の部分の理解に進み、最後に物理の範囲の理解に移りましょう。それても尚わからない場合には「面白いほどわかる本」を読んでみてください。

教科書を持っていない場合

次で紹介する「秘伝の物理」を使用してみてください。「秘伝の物理」は YouTube のビデオ解説もあります。

もし一度物理を学習し数学も数IIIまで学習が終わっているのであれば「物理教室」もお勧めです。

2. リードα 物理基礎・物理

教科書が数研出版の場合は、同じ出版社のリードαを教科書準拠問題集として使用している場合が多いと思います。基礎知識定着の確認と公式の利用を演習するインプットとして使用します。部分的に置き換える場合の選択肢を紹介します。

リード A (学習事項の整理) と リード B (基礎CHECK)

置き換えるなら次のような参考書があります。

  • 秘伝の物理講義
  • 物理基礎・物理が面白いほどわかる本
  • 物理教室

見た目は分厚いですが、中は2つに分かれています。読んで理解をする人向けの冊子と講義を聞いて理解する人向けの冊子です。講義はYouTubeで公開されていて各単元の始めのページにバーコードが付属しています。使いやす方を選択できます。また講義用の冊子は後で知識を確認するためのまとめノートの位置付けとしても利用できるようになっています。

また次に紹介する「秘伝の物理問題集」の関連する問題も紹介されています。

先生と生徒の会話形式で進める参考書を好むのであれば、この「面白いほどわかる本」ですかね。

数学IIIまで講義が終了している受験生はこちらもおすすめです。数学と物理を一度学習し終えた浪人生に人気があります。

リード C (基本例題 / 基本問題)

置き換えるなら次のような参考書があります。

  • 秘伝の物理問題集
  • 物理 明快解法講座
  • 物理のエッセンス

「秘伝の物理講義」と一緒に利用すると良いです。相互に参照できるようになっています。この後は「秘伝の物理問題集High」です。

量が一番少ないのでもし短期間に仕上げたいという人にはおすすめです。この後は「物理最強の99題」です。

必ず教科書と共に利用しましょう。このあと「名問の森」です。もし「名問の森」の解説が難しいと感じるなら「良問の風」を挟みましょう。

センサー、セミナー、エクセル

教科書準拠の問題集を滞りなく終わらせらせれば、次は「物理の重要問題集」か「物理の良問問題集」でアウトプットを行って過去問に入れます。

センサー総合物理

到達レベルはリードαと同じような感じです。リードαを丸ごと置き換えられます。

セミナー物理基礎+物理やエクセル物理  総合版

問題数も多くリードαやセンサーより上のレベルまでカバーしています。

3. 物理の重要問題集

入試問題のアウトプットです。このあとはどの大学でも過去問演習に入れます。解説やレイアウトが合わない場合は次のような問題集もあります。

  • 物理の良問問題集

重要問題集より問題数が多いですが、レベルが下の方から始まっています。

インプット

リードαやセンサーを使用した場合、このレベルの問題は含まれていません。重要問題集や良問問題集の前にこのレベルのインプットを行いたい場合は次のようなものがあります。

  • 秘伝の物理問題集High
  • 最強の99題
  • 良問の風 / 名問の森

セミナーやエクセルの場合はインプットとしてはこの辺りまで含んでいるため、このレベルのインプットはオプションです。

難問題の系統とその解き方

難関大で高得点を狙うのであれば使用してください。次のような問題集でも大丈夫です。

  • 標準問題精講

著者は「物理の良問問題集」の中川先生です。

微分物理

受験のためにマスターすることは必須ではありませんが、時間があれば物理の理解を高めるために理解するのはおすすめです。ただし数学Bのベクトルと数学IIIの微分の応用/積分の応用を学習したあとに取り組むことをお勧めします。

  • 秘伝の微分物理
  • 新物理入門
  • 理論物理への道標 上 / 下

新物理入門はほぼ講義ですが、理論物理への道標は前半講義で後半は問題演習です。

まとめ

教科書から始める通常ルートを次のようだとすると、

  • リードα (数研) → 重要問題集 (数研)  → 難問題の系統とその解き方
  • センサー物理総合 → 良問問題集 → 標準問題精講

教科書の次にインプットを手厚く行う浜島-中川ルート

  • インプット
    物理のエッセンス → 良問の風 → 名問の森
  • アウトプット
    良問問題集 → 標準問題精講

教科書なしで行う場合は青山ルートと漆原ルート

  • 秘伝の物理講義 → 秘伝の物理問題集 → 秘伝の物理問題集High
  • 物理基礎・物理が面白いほどわかる本 → 明快解法講座 → 最強の99題

のような感じでしょうか。それぞれ過去問演習は別途必要です。もし教科書準拠問題集や重要問題集が合わないと感じているは変えてみてください。