参考書でDIY

参考書や問題集を使用した大学受験の独学をサポート

英語を得点源にするルート

f:id:ptizm:20200218195634p:plain

はじめに

理系で英語を得点源にできれば最強です。英文法を「単文を読む」「長文を読む」「作文」の3つの視点から正しく使いこなす必要があります。単語や熟語を覚えただけでは点数が伸び悩みます。

リスニングの重要度が増している昨今の入試に対しては、初めから(単語を覚える時から)音声を使用して発音に変な癖がつかないように行うと効率的です。

隙間時間を使用して少しずつ行うことができる科目です。興味がある人は参考にしてください。

学習のステップ

  1. 一文を読む + 聴く
  2. 長文を読む + 聴く
  3. 一文を書く

一文を読む + 聴く

英文法書と英単語・熟語帳の例文を利用して

  • 音声に合わせて例文を目で追いながら日本語の意味を思い浮かぶ。

ようにします。

もし中学の内容に不安があれば中学の文法の参考書と単語帳から始めてください。日本語訳を見ることなく意味がわかるようになれば完了です。

中学の英文法と英単語

それぞれ音声がついていて一冊で終れるものを選ぶと効率的です。例としては次のようなものがあります。

  • 中学英語をもう一度ひとつひとつわかりやく。(学研出版)
  • 速読英単語 中学版 (Z会)

文法書は、読んで理解してから行います。

速読英単語は、単語のページで本文で使用される単語の意味に触れてから本文に入ります。

例文や本文で使用されていない単語の意味は後ほど行う「長文を読む + 聴く」で出てくる都度追加して覚えれば大丈夫です。

英文法

英文法書は、内容が次の要素で構成されているものを一冊選んで使用します。

  • 中学レベルの単語で構成されている
  • 例文に音声がある
  • 全体を網羅している

一度読んで内容を理解してから始めましょう。例としては次のようなものがあります。

  • 総合英語 FACTBOOK これからの英文法 (桐原書店)

英単語と英熟語

英単語と熟語帳は、内容が次の要素で構成されているものを一冊選んで使用しましょう。

  • すべての単語と熟語に例文がある
  • 例文には音声がある
  • 単語には必ず発音記号がついている

単語を例文で覚えると単語の品詞も自然に身につきます。音声と合わせて覚えると自己流の読み方によってリスニングの問題で苦しむことがなくなります。書籍の例としては次のようなものがあります。

  • データベース3000 基本英単語・熟語 (桐原書店)
  • データベース4500 完成英単語・熟語 (桐原書店)

DataBase は 3000 と 4500 には熟語も含まれています。重複している見出し語はありますが、取り上げている意味が異なる場合があります。また現在の版になってからすべての例文に音声がついています。網羅度を確保するなら二冊とも行うのがオススメです。共に「発音記号をマスターする」から行いましょう。

この二冊のどちらの例文でも使用されていない単語の意味は後ほど行う「長文を読む + 聴く」で出てくる都度追加して覚えれば大丈夫です。

また DataBase3000 の「基本動詞」と「前置詞」、DataBase4500 の「基本動詞を含む頻出熟語」の部分は「一文を書く」の時にも利用できます。

問題演習

この時点で英文法・語法の問題集を使用してアウトプットも行いましょう。こちらもすべての問題文に音声がついているものが良いです。例としては次のようなものがあります。

  • スクランブル英文法・語法 (旺文社)

問題演習後、テーマの音声を聴いて日本語訳が思いつくようになれば終了です (Part 1 - Part 4までは旺文社のホームページよりダウンロード)。

本書の「発音・アクセント」の章は、自身の志望大学の入試でこの形式の出題がなければ行う必要はありません。

長文を読む + 聴く

短文で和訳

英文解釈 (構文) の本で文法の復習をしつつ文章を読む時の使い方を身につけます。「一文を読む」で一度文法を網羅しているのであまり初歩的なものでなくても大丈夫です。一冊選んで行ってください。音声がついていることは必須ではありません。例としては次のようなものがあります。

改定されて著者が竹岡先生になっています。先生自身の使い方の解説がYoutubeで公開されています。

和訳練習

問題演習を行う問題集の本文を利用して精読 (文法的な構造を確認しながら和訳) を行います。単語帳に載っていなかった単語はー冊のノートにまとめておくと後で復習しなすくなります。

本文に全文の訳とSVOCが振られている問題集を選んでください。音声がついていることは必須ではありません。またこの時点では問題は解きません。例としては次のようなものがあります。

  • 入門英語長文問題精講 (旺文社)
  • 英語長文ハイパートレーニング レベル1 超基礎編 (桐原書店)
  • 英語長文ハイパートレーニング レベル2 標準編 (桐原書店)
  • 英語長文ハイパートレーニング レベル3 難関編 (桐原書店)
  • 関正生の英語長文ポラリス 1 標準レベル (KADOKAWA)
  • 関正生の英語長文ポラリス 2 応用レベル (KADOKAWA)
  • 関正生の英語長文ポラリス 3 発展レベル (KADOKAWA)

改定されて著者が三浦先生になっています。先生自身の使い方の解説がYoutubeで公開されています。

多読が必要であれば合計7冊行うと良いです。

リスニングの練習

和訳と並行してリスニングの練習も行います。

こちらは音声がついていることが必須です。英文を聴きながら目で追い日本語訳が思い浮かぶようになれば完了です。例としては次のようなものがあります。

  • 速読英単語 入門編 (Z会)
  • 速読英単語 必修編 (Z会)
  • 速読英単語 上級編 (Z会)
  • 速読英熟語 (Z会)
  • 速読速聴・英単語 Daily1500 (Z会)
  • 速読速聴・英単語 Core1900 (Z会)

もし「速読英単語」の「中学編」をおこなったのであれば「入門編」はスキップして「必修編」に入っても大丈夫です。「入門編」の単語は同シリーズの「中学編」と「必修編」でカバーされています。

「速読・速聴」には会話形式も含まれています。例文のテーマも新しく最近の話題を取り込んでいます。

問題演習

「長文を読む」の「和訳練習」で使用した問題集に含まれている問題をアウトプットとして行います。特に学校の英語の授業で国語の現代文のように英文の和訳(解釈)で終了し問題演習が行われていない場合はここでのアウトプットは重要です。

一文を書く

文法の参考書の例文を書く

「一文を読む」の「英文法」で使用したものと同じものを使用します。「FACTBOOK」は例文のみを抽出した書籍が販売されているのでそちらを使用しても良いと思います。
  • 総合英語 FACTBOOK 例文完全マスター (桐原書店)

基本動詞の使い方の復習

基本動詞を使いこなします。

もし「一文を読む+聴く」の「英単語と英熟語」で「DataBase」を使用したのであれば、DataBase3000 の「前置詞」と「基本動詞」、DataBase4500 の「基本動詞を含む頻出熟語」の部分を使用できます。

一文を読む+聴く」の「英文法」で「FACTBOOK」を使用したのであればその「FACTBOOK」に加えて次のような参考書を組み合わせることもできます。

「WORD SENSE」は基本動詞の例文に加え、本書の「Part 3」で文と文を接続する例も紹介しておりオススメです。

問題演習

日本語を英語に直訳するとおかしな英文になりがちです。和文英訳の例文集で演習します。例としては次のようなものがあります。

  • 英作文のトレーニング 必修編 (Z会)
  • 英作文のトレーニング 実戦編 (Z会)

まとめ

ここまで終了したら、あとは過去問演習で志望大学の形式に慣れるだけです。対策として英単語、英文解釈、文法、英語整序問題でさらに上のレベルを追加したいのであれば以下のものもオススメです。

書籍の取り置きや購入および店舗検索は ハイブリッド型総合書店 honto を利用しています。