参考書でDIY

参考書や問題集を使用した大学受験の独学をサポート

古文・漢文と英語の勉強量の比較

古文と漢文は、英語と勉強のプロセスがほとんど同じで、大学入学共通テストの配点は、50点、50点、100点 (読解のみ)で古文・漢文の配点は低くありません。古文・漢文は後回しにしがちですが、共通テストまでの勉強量を調べてコストパフォーマンスを比較して…

古文・漢文で得点を稼ぐ

古文・漢文はマスターすれば安定して高得点がとれるようになる科目です。大学入学共通テストで満点を目指すなら、現代語訳できる古文や漢文を増やしていくことが鍵となります。また大学入学共通テストまでであれば、学習に必要な時間も他の科目に比べると多…

「大学への数学」をフルに活用する

東京出版の「大学への数学」は「1対1対応の演習」「新数学スタンダード演習」「数学IIIスタンダード演習」で有名です。もっともやさしいレベル(A)でも「教科書レベルから入試基本レベルへの橋渡し」とあるように教科書の次に使用することを意図しています。…

赤チャート vs. フォーカスゴールド

赤チャートは他の網羅系よりも例題での対応範囲が広いのでオススメの参考書です。もし学校でチャート式の他の色やフォーカスゴールド、ニューアクションレジェンドなどが配布されている場合には、教科書と合わせてそちらを使用すると良いと思いますが、もし…

白、黄、青、赤?チャート式数字の選び方

学校で配布されることが多いチャート式。色の選択やどこまで使用するかの参考にしてください。

青チャート、フォーカスゴールド、ニューアクションレジェンド、網羅系参考書の違い

青チャート、フォーカスゴールド、ニューアクションレジェンド。この三冊は、どれか一冊が完成していればどの大学の過去問演習にでも入れる参考書です。比較してみました。

総合的研究 数学 - 本質の研究の改訂版

長岡先生の本質がつかめる数学(本質の研究)の改訂版。講義と問題がセットになっています。教科書がなくてもこの参考書だけで進められます。

1対1対応の演習を使う

理系志望の受験生は特に気になる「大学への数学」の「1対1対応の演習」。青チャートとは違う視点で解説されています。「新数学スタンダード演習」「数学IIIスタンダード演習」「新数学演習」を使用したいと考えているなら「1対1対応の演習」はその前段階とし…

赤チャート (改訂版) のすゝめ

改訂版になってから評判の良い赤チャート。難関大を目指すのであれば有力な選択肢の一つです。赤チャートを持っていれば青チャートを新しく購入する必要はありません。

4STEP数学の到達点

教科書傍用問題集の代表格である4STEP。日々の学習で教科書とこれらの教科書傍用問題集の問題が完了していると、受験勉強ではかなりのアドバンテージになります。

大学受験とは?

大学受験の勉強は、先の見えないランニングではなくゴールのあるマラソンと同じです。ゴールにたどり着けば誰でも合格するレベルに到達できます。ただゴールにたどり着くまでの道の選択や走り方などは自身で決められます。効率よく走り切るための全体像をま…

難関国公立 合格までの備忘録 (二次への最終調整)

センター後に2次試験対策として使用したバイブル本を紹介します。過去問と合わせて、試験当日まで繰り返し行なっていました。

難関国公立 合格までの備忘録 (センター対策)

センター1ヶ月ぐらい前から取り組んだセンター対策について紹介します。

難関国公立 合格までの備忘録 (中盤)

9月に過去問を一度トライした後、過去問の手応えと模試の結果をもとに後半に選んだ参考書を紹介します。

難関国公立 合格までの備忘録 (国語と地理B 序盤)

受験勉強を開始するにあたり、現役時に終了した内容を考慮して、選択した現代文、古典、漢文、地理Bの参考書を紹介します。